日々の中での出来事・思いを重ねていきたいなぁ。仕事のことも生活環境の事も友人のことも仲間のことも連ねていきたいなぁ。


by papillon-e
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

う〜ん。

 紅葉も色付く時を知っているのか、最近急に色っぽくなってきた。特に真如堂の紅葉と、竹中稲荷の紅葉に毎朝、心奪われる。先週から真如堂の境内には朝も8時頃から来て紅葉を楽しんでられる。カメラで「紅葉を撮る会」でもあるのか、グループでも来られている。いつもの様に歩けないけど、「前を失礼します」と言って通る時に声はかけるようにしている。

 皆さん早起きですね。宗像神社から見る真如堂。また真如堂からあおぐ宗像神社のありかたがたまらなく好きだ。特に朝の宗像神社から真如堂を見る風景には東山も影響もあるのか、すごい広がりを感じる。いい場所を散歩している。でも、何で痩せないのかな?

 友人から結果報告が来た。乳がんだそうだ。でも、早期発見でもあるし、乳房も無くならないですむそうだ。死亡確率は1%以下。心配する事はないと彼女は言う。
「スパット切ってすっきりしよか。」と言うと
「乳房は無くならないから、スパット切らへんで」
「あっ、そうか・・・。ちょっと切ってスッキリ直そう」
「知ってるか?入院っていっても一泊二日なんやで」
「えっ・・・、そんなんでいいの?」
「普通そうみたい。」
「時代は進化してるんやな〜〜〜」
「そうやんな〜。そら、いろんな病気にもなるやんな〜。」
「そうや、***。あんたも乳がん検診しときや。早く見つけて、スパット直さして、長持ちする身体にならんと」
「そうやんな〜〜。」

とりあえず、直る事がわかってよかった。
「入院前か、入院後かどっちかに食事にいこうか?」
「そうやな〜〜。」
まあ、これで、少なくとも1回、多くて2回は食事会が出来る。
それにしても、肝の座った人だ。
感心する。
あ〜〜〜直る事が解ってよかった。医学は進歩しているみたいです。
一緒に心配して頂き、ありがとうございました。
[PR]
by papillon-e | 2006-11-21 16:48

もう一つ

 涙が出そうになる一言。いかんな〜〜〜、よほど乾いているみたい。
最近、だれかに優しい言葉をかけたろうか?子供達に、優しい言葉をかけているだろうか?自分の心の重さと独りよがりの怒りに,子供達にも邪見にしてなかっただろうか?
実はしてます。昨日、T子に注意されました。彼女もピリピリしている部分もあるから、余計に私の機嫌の悪さが解るのだろう。

 明日から、私にも回りにも優しい言葉をかける事を一つ実行していこう。途中で挫折しても、、また始めればいいだろう。そうすれば、やさぐれている私の鉛のような心の重さも少しは軽くなるかもしれない。一部の望みにすがるのもいいのではないんかな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今日の言霊:マザー・テレサ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でも、ずっとずっと心にこだまする。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■考えるヒント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇やさしい言葉とは、どういう言葉を言うのだろうか。私が考えるやさ
しい言葉とは、言葉がある種の力を持って、相手に伝わることだ。

◇だから、やさしい言葉を言われた瞬間、相手は、心が温まることもあ
るし、心にグサッとくることもある。やさしい言葉とは、相手を思って、
相手の今のため以上にこれからのために発する言葉だ。

◇しかし、やさしい言葉は、相手の今の状態を考慮して伝えられるもの
だ。このことも大切なやさしい言葉の定義だ。

◇いくら相手の将来を思い、相手のためだと思って言葉を発しても、相
手がその言葉を全く解せなければ意味はないのだ。相手に全く受け止め
られないようなやさしい言葉はない。

◇だから、やさしい言葉は、相手の今を考慮し、相手の未来に突き抜け
ていくものなのだ。

◇だから、マザー・テレサは、やさしい言葉は、「ずっとずっと心にこ
だまする」と言っているのだ。どうだろう。私たちは、やさしい言葉を
私たちの周りの人たちや自分自身に発しているだろうか。

◇ついつい、発する言葉が、自分が思いつくままだったり、自分の感情
の処理だけになってはいないだろうか。

◇言葉は、どんな言葉であれ、力を持っているものだ。その力を持って
いる言葉をどう使うかは、私たち自身の問題だ。出来るならば、私たち
は、他人のためにも、自分のためにも、やさしい言葉を使って生きてい
きたいものだ。

◇自分の価値観を自覚し、その価値観を満たすことで、自分の人生を充
実させよう。人生は、そういう戦いなのだから。
[PR]
by papillon-e | 2006-11-20 18:08

今日の言霊より

 5月27日のものだけど、今の状況にあまりにぴったりだったので紹介します。最近ず〜っといろんな事で気が重く、心も重くかなり左側に傾いて過ごしておりました。些細な事でも重なると消化不良になるのか、魑魅魍魎に取り付かれてしまうような行き場の無い恐怖心と孤独感に浸食されてしまうと言うか、自分が自分でして、何か違うモノのような不思議な感じになっている。

 心がまた風邪をひきかけているのか?季節の変化に耐えられないのか?もしかして、秋だからヒロイン症候群がむくむくと出て来て,私自身、架空の世界にいってしまうのか?妙な感じだ。

 私自身が過渡期に入っているのかもしれない。表層的な事にこだわってしまって、中身がなんであるか怖くて見たくないと思っているだろう。実際、突き詰めて行くのは怖いものがあるけど、それをしないと一歩進めない事もある訳で・・・。さあ、どう自分の考え方の癖や,行動の癖を気をつけておれるか、試練の時期かな?

 私の悪い癖が出るのが20%気をつけれたら、周りも変わってくるだろうか?いや、よりスムーズにより気持ち良くなるはずだと思う。
■今日の言霊:井深 大  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本当に今、制度を変えることばっかりやっているんだけど、
いくら制度を変えても、人間が変わらなきゃ、本質は何も変わらん。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■考えるヒント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇意識を変えて取り組むことが大切なことだ、ということをよく言うが、
意識を変えることは、行動を変えること以上に難しい。だから、意識を
変えたいと思うのならば、行動を変えることから始めた方が良い。

◇そしてその行動の変化が、自然なことになるまでやっていくと、それ
こそ自然に意識が変わっていくことになる。

◇今日の言霊で、制度を変えるというのも、行動を変えることに繋がっ
ているのだ。しかし、制度を変える目的は、人間の意識を変えること、
本質を変えることにあることを理解していないと、制度変更は、全く意味
のないことになってしまう。

◇私たちに大切なことは、意識を変えるために、まずは行動を変えてみる
ことなのだ。行動を変えるために、意識を変えようとしても、なかなか出
来ないし、時間ばかりかかってしまう。

◇それは、意識が手に取ることができないものだからだ。だから、行動を
まず変えて、自分と他人や周りの関係性を変えることによって、もっとい
うと、自分と世界の関わり方を変えることによって、意識を変えようとし
なければならないのだ。

◇意識を変えるために、まずは、日常的な行動を変えてみよう。徹底的に
変えていけば、自分の世界が違ってくるはずだ。その時、自分の意識が
変わるのだ。


 
e0006429_17541618.jpg

[PR]
by papillon-e | 2006-11-20 17:54

重い話

 高校の時からの付き合いで今も続いている友人はそう沢山いない。女だから結婚してしまうと、疎遠になったりする事もある。女同士の付き合いはなかなか難しい。そんな中でも、不思議な縁があり今のほうがずーっと親密につきあっている友人もいる。彼女もその一人。高校の頃はお互いに苦手意識があったようで付かず離れずの距離を保ち、決して仲良しではなかった。結婚し、何かの時に連絡を取る様になり案外共通点があったり育った環境が似ていたりする事も発見し、仲良くしている。

 お互いによく知っているのもあり、遠慮もない。お互いの家庭の事もおおよそ知り得て,愚痴や嬉しかった事を言いあい、時に悲しみ、喜びを分かち合って来ている。その彼女の胸にしこりが発見された。検査結果はまだ出てないけど、「**こ、あんたも検査しに行っときや」と言ってくれる。

 「まだ病名もはっきりしてないのに旦那が泣くの。私この人、残してして行けへんわ。」と言う。いろんな試練があり、私の想像のおよばない苦労もしている。信じられない理不尽な思いも経験している。しょせん私は話を聞く事しかできないわけで、何か具体的な事が出来る勇気も持たない凡人なわけで、オロオロと心配するしかないのだけど・・・・。彼女の明るさが、お互いに話をしながら笑う事の出来る気使いで救われる。

「お互い年を取って来て,いろんなアクのような物が出てくるんやな〜」
「健康で長持ちするように気をつけて行こうよ」
「そうやな〜。老後の楽しみもあるし。」
「そうそう、子供にしっかり稼いでもらってウハウハ旅行に行きたいやん」
「それに、まだ子供でしっかり遊ばしてもらってへんやん。これからもっと面白くなって、からかいがいのある人間になっていくはずやん。」
「そうやな〜〜〜。って、あんた私まだ死なへんし!」
「いや〜〜〜。先走った???」
「もう、いややわ〜〜〜」

 お互いに健康で長持ちし、しょうもない事で大笑いしましょう。
彼女の健康を祈るばかり。

e0006429_11334526.jpg

[PR]
by papillon-e | 2006-11-14 11:28
 ロッド・スチュワートの最近のアルバムにスタンダードジャズを歌っている物が4枚ほど出ている。最新版(4枚目)はまだ手元に無いが、今3枚目のアルバムの中の『What a wanderful world』を聞きながらこのブログの書き込みをしている。いつ聞いても良い歌だ。ルイ・アームストロングの特徴ある歌い方もいいけど、また、ロッドの声で聞くのもすごくいい。やっぱり青春の彩りの人だからだろうか。

 『いじめ』が大きな話題(?)になっている昨今、このような曲と歌が必要なのではないだろうか?私自身も中学の時は辛かった。高校に入っても辛かった。もともと、集団の中にとけ込めない所がある上に、人から嫌われやすい何かを持っているようだ。私自身にはわからないけど、きっと何かあるのだろう。でなければ、特に関わりのない人からも疎まれる言われはないはず。実はそう思っているのは自分だけで、被害者意識の強い、被害妄想だったりする訳でもある。お互い様であったりもするし、考え過ぎな事も多いにある。
 まあ、何にせよ大人になっても人間関係は難しく、でも、良い友人に恵まれているし、周りの人にも恵まれている。時に悲しくなる事もあるけど、時間と考え方で乗り越えるすべも見つけて来た。

 書きたい事は「辛い事は山ほどあれど、生きてるってそう嫌な事でもない」ってことかな。人間関係は人生のテーマ。親子であれ、友人であれ夫婦であれ皆人間で、お互いに自己を持ちながら生きてるって事だろう。 
 世の中、そう悲観するもんでもない。
 
今日の言霊から

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今日の言霊:川端 康成
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
僕は生きている方に味方するね。
きっと人生だって、生きている方に味方するよ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■考えるヒント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇生きることがどれだけ大変なことなのか、私たちは、ついつい忘れて
しまう。生きることとは、息をして、何かを食べて、その食べたものを
排泄しているだけのように思うが、それでさえ大変なことだ。

◇朝、目が覚めるのが当り前のように思っているが、そんな保証は何も
ない。いつ心臓が止まってもおかしくないし、誰かに殺されることだっ
て、今の時代十分にありえる。交通事故にあってしまって、理不尽にも
命を落としてしまうことだってありえることだ。

◇人間が、人間として生きていこうと思ったら相当大変なことなのだ。
その自覚をもって、私たちは、毎日を過ごした方が良いと思う。

◇そうすれば、多少の困難も多少の成功も、一喜一憂していられないだ
ろう。生きている奇蹟に感謝しよう。

◇今日の言霊が言っているように、自分が生きようと思っている人間に
は、誰だって味方したくなるものだ。自分の人生を生きるんだ!と思っ
ている人間には、人生が味方するものだ。だからこそ、生きる奇蹟なん
だ。

◇生きよう!きっと人生が味方してくれる!
[PR]
by papillon-e | 2006-11-09 21:22

行ってきました正倉院2

 秋晴れの気持ちの良いこの頃、毎年恒例、正倉院展に行ってきました。隣の県だけど、奈良に行くのは1年に一度だけ。京都とはまた趣きも違うし、おおざっぱな町でおもしろいように思う。

 今回も長い列を作り、会場に入るのに待つ事30分以上。入場制限をしていたから仕方ない。今年は巻物が多かったせいか、私には少しつまらなかった。研究したり、書道等に興味のある方達にはすごく意味のある,ワクワクするモノだろう。「きれいな字だな〜」と思う事はあるけど、それだけ。まあ、その分早く会場を出た。
 私のヒットは『色ガラスのさかずき』と『小型の刀』と『鳥下の文字屏風』だった。『色ガラスの杯』は何とも言えない緑の色で、またその厚さに圧倒された。『小型の刀』のつかの美しさと細工には惚れ惚れした。『鳥下の文字屏風』には「主,濁治すること無くば、臣、賛明(さんみょう)すること有り」『箴規(しんき)、苟(いやしくも)もおさめられるば、咎悔(きゅうかい)生ぜず』と書いてあったようだが、なかなか心にくる言葉だ。『水差し』も心揺さぶられるものだった。
 『国家珍宝帳』が今回の大目玉だったようだが、キレイにはんこが押され,その上に目録が書いてあった。きっと、その筋の人たちにはものすごくありがたいものだろうな。
 
[PR]
by papillon-e | 2006-11-04 18:26

無視

 人間関係は難しい。仕事の事であれ、生活の中であれ、常に人間がいてその中で動いているのだけど、人を死に追いやるのも、また、人間。

 無視された経験を持つ人は圧倒的に多いと思う。自分の気に入らない事や気に入らない人を無視する気持ちもわからないではない。でも、されると参る。最近、6年間の付き合いが終わった。いろいろ仕事もお願いする予定をしていたのだけど、結局,縁が切れた。連絡がつかない。電話をしても取ってもらえない。メールの返事もこない。まあ、怒る原因も理解出来るけど、頼んでいた事の返事を聞きたいが故の連絡さえ無視され10日間。モノを預けてから6週間。別に急いでないからかまわないけど、簡単に携帯メールでの返事で事はすむ。

 今日は思いあまって仕事場に電話をしたのだけど、メールで返事を頂いた。いやだったけど、3回も電話し、電話での返事は無し。メールでの返事だった。
 電話での応対は出来るだけ電話でするのが良い方法だと思うのだけど、どうも違うらしい。まあ、どちらにせよ返事がもらえたので文句を言う事もないのだろう。

 それにしても、すさまじい嫌われ方だ。原因は心当たり有るが、ここまでするだろうか?以前にも同じ事を経験しているから、「もう、いいわ」と思っているし、どこかで笑ってしまう。その嫌がられ方に値するだけ、私は先方のプライドと何かを傷つけた、憎まれてしまったのでしょう。だけど、解決したり、和解する方法は色々有るのに、無視で可能性さえ無くしてしまう。

 私が昨年いろんな理由から鬱になり、時に原因となる話になると動悸や、身体が震える症状がでるくらいなのだから。最近、ある一件から体調不良が起きていたから、情緒不安定でもあったのは確か。
 体調が悪くなるような怒りや恨みは持たないに越した事はないし、人の事や,物事にそんな執着や感情も持たないですむ方が良いに決まってる。でも、時におこってしまうから始末が悪い。今も、猛烈に背中が痛く少し震えが来るのは確か。でも、相手の怒りも充分に理解でき、先方の怒りも五臓六腑に染み渡るものなのだろう。同じ種類の怒りをお互いに持ったのかも知れない。そう考えればお互い様だろうか。

 しかし、無視はいかん。自殺の多くの原因は「無視」から始まる。中学の時、1学期間学校に行けなかったのも友達の「無視」から始まった。やっぱり、人を一番痛めつけれる方法は相手の存在を「無視」する事なのだろう。大人になって、しかも50に手が届くほどにまたこの「無視」されるとは、よくよく私の人間性に問題があるのだろう。
「早く、人間やってるの止めたい。」と思ってしまう。
 
 
[PR]
by papillon-e | 2006-11-02 18:21