日々の中での出来事・思いを重ねていきたいなぁ。仕事のことも生活環境の事も友人のことも仲間のことも連ねていきたいなぁ。


by papillon-e
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

挑戦

 時々寄せてもらう「about・ぶん」さんのブログで紹介してあったエスカルゴ・バターを使い早速「蛸のエスカルゴ風」に挑戦いたしました。

夕食は30分以内で出来る事が大切なのでMに昼に冷蔵庫から出しておいたバターをねりねりしてもらっている間、私はパセリのみじん切り。T子にはニンニクのすりおろしを助けてもらい「おかーさん。バターがかたいままなんやけど」とのMの問いに「ストーブの前でやりよし」とT子のアドバイスが飛び交っている間に出来てしまった。
ニンニクとパセリの量は「ぶん」さんのレシピよりずーっと多いと思うがそこは適当に拡大解釈する方なので「おいしけりゃいいのよ」なんです。

 「ぶん」さんはエリンギだったのですが、冷蔵庫の中も少し整理したい私はエノキとパプリカを入れ軽く痛め、その上に蛸を入れエスカルゴ・バターでからめました。とても美味しいので,牡蠣を使ってソテーしました。これは美味しい。いろんな料理に広く使えそうです。作り置きもできるし、すばらしい・・・・。
 子供達には「どうしたん。なんかいいことあったん」「すごいごちそうやん」と喜んでくれました。また、美味しいと他の人の事を考えずに食べるので旦那の分はちゃんと横に別にしておいたので大丈夫でした。牡蠣のエスカルゴ・バターは子供達の口には合わなかったようで、旦那の分は確保出来たし,ブロッコリーのペンネもけっこう作ったせいもあり満足してもらえたようだ。ソースをパンですくいながらこっきりお皿もピカピカにしてくれ、洗い物もらくちん。
 旦那は「おっ、どうしいたの?」「おいしいじゃないか」と喜んで食べてくれた。「ワインはないの?」『そんなんあるわけないワイン」とMが突っ込みをいれていた。

「ぶん」さんすてきなレシピどうもありがとうございます。我が家に平和で幸せな時間をいただきました。
 
メインの写真が一番小さいのはどういう事。ぷんぷん

e0006429_178159.jpg

材料です。
e0006429_179291.jpg

牡蠣のエスカルゴ・バターです。美味しそうに見えない器にいれたかな?
e0006429_1792678.jpg

ありがままの我が家の食卓です。もう少し綺麗にすれば良いのに・・・。せめて写真の時にはもう少しかたずけしたら良いのに・・・無精だから・・・。そう思うならのせなきゃ良いのにね。あほやね。
e0006429_1795411.jpg

[PR]
by papillon-e | 2006-01-17 16:50

美味しい

e0006429_1631848.jpg

家の斜め前にあるレストラン。近すぎるのあるのか久しぶりに行ってきました。以前もでてきたビリキーノ(悪ガキって意味だって)さん。本当にここの豚の料理を無性に食べたくなる時がある。骨付きで厚さは2、5cmはある。食べごたえありで満腹中枢が思いっきり刺激され、大満足できる。
 旦那さんは遅いお昼をお好み焼きやさんで食べてきたようで「僕、お腹すいてないから」と一人お留守番。子供3人と私で階段を下りてトコトコ行ってきました。前菜とピザ,パスタと豚肉と鶏肉、デザートをたのみました。
e0006429_1617969.jpg
前菜の自家製ソーセージ。かなりおいしい。
e0006429_16181358.jpg

マルゲリータのピザ。生地がもちもちしてしっかり噛んでいただけるがよろしい。
e0006429_1619891.jpg

名前わすれたけど、豚のどこかとパスタ。ラザニア見たいに太くないけど食べごたえあり。しっかり味もからまってとってもお勧め。
e0006429_16225682.jpg

ここらになると写真を撮るのを忘れて、先に食意地に走ってしまうので食べてる途中に思い出してしまう。これが大好きな豚さんの残骸になります。付け合わせのニンニクもほとほとになってとっても甘くておいしい。T子が骨に近い部分をとり骨に付いた所を美味しそうにはがしていた。
e0006429_16251295.jpg

鶏肉のグリルにジャガイモとポルチーニのソースがけ。これももちろん骨付きよ。Mが手をベトベトにしながら骨をしゃぶっていた。ワイルドすぎて・・・・。
 しかしながら,骨付き肉は食べにくいです。テーブルマナーもそんなに明るくないので時々とっても困ってしまいます。本当に行儀の悪い、しつけの行き届いてない家庭でお恥ずかしい。
そうそう、パンにパティが付いていてこれも大変美味。
e0006429_16323674.jpg

美味しいものを食べてると会話もはずみ、幸福感が増すのよね。やっぱり、世界の平和を実現するのは食欲を満たす事が大事だと思う。飢えは人を幸せから一番遠くに追いやる事かもしれないとまじめに思っている。

デザートは・・・・すごいよ4種類。
e0006429_16362662.jpg
e0006429_16364666.jpg
e0006429_1637735.jpg
e0006429_16372265.jpg

行儀悪いけど、皆でお皿をまわして少しずつ楽しんだ。シェフはどんどん腕をあげていくな〜〜〜。若い人の料理って勢いがあって好きだ。しっとり落ち着いた料理も好きだけど、勢いがあるのは何か元気になるし、「よしがんばあるぞ〜」と言う気持ちにさせてもらえる。「私ってし・あ・わ・せ!」って思えるのがすごい。

 しょっちゅう外食するのは無理だけど、時々少し贅沢をするのはやっぱり必要なのだろう。最後のお支払いの時、財布の中を見てあらま〜カードと千円札一枚だけ。カードは使えないとの事なので現金でないといけませんよね。「明日でも持ってきていただいてけっこうですよ」との優しい言葉をかけてもらったが、それはいくら何でもイカんだろうと言う事で子供を人質に、家に取りに返ろうかと話をしていたら「僕持ってるかもしれない」とM郎くんが言うではないか。さすが、お正月あけの子供は財布の中身が充実しているようだ。M郎にお金を借り、無事お支払いを済ませ家路につきました。私、いか〜んです。M郎、偉い!

もう一度このレストラン紹介します。
銀閣寺のバイカルを目印にされるといいですよ。
ビリキーノ
京都市左京区浄土寺西田町3
TEL:075-751-8001
ランチ・11:00〜15:00
ディナー・17:00〜21:00
水曜定休日
e0006429_16571043.jpg

[PR]
by papillon-e | 2006-01-16 17:01

試験一週間前

 センターテストも一週間後にせまってきた。いつも思っているけど、私が疲れてどうするの。M郎を見ているとイライラしてくる。まあ、結果は自分の努力と意志と縁のものだろうから私がイライラしても仕方ないし、疲れるだけだからそこに意識を持って行かない方が良いのは百も承知。しかしながら、彼の日々の行動と惚けているのをみたら腹が立って仕方が無い。

 この一週間、予備校も11時から始まるらしく、8時に起きてきて私が出勤するまで(10時前)パジャマで私と一緒に「とくだね」を見て、フンフンとゴシップネタ等を仕入れたり、お父さんの部屋に行って何かをしている。この時期、時間を惜しんで何かをするもんでないのかな?そんな余裕ぶっこいていいのか?また、最近帰ってくるのは9時頃になっていて私としては夕食の準備をするのにありがたいけど、テレビ見てわっはは、わっはは笑っていていいのかい?その自信と余裕はどこからくるんや。少し気に入らない事があると機嫌が悪くなるし、ふてくされ、私にあたるのに・・・・。なんでもう少し時間を惜しんで勉強しないの?ウ〜〜〜〜イライラする!!まあね、結果は全て自分に返り、それは誰のせいでもなく、仕方のない事だからね。(ふん)
朝、旦那にM郎の愚痴をこぼしていたら,笑いながら「なるようになる」と一言。確かに縁もあるだろうし,なるようにしかならないけど何かあったら愚痴愚痴と私が聞く事になるし、私に対する態度もひどくなる。旦那にはそんなにふてくされた姿を見せたり言ったりしないけど、私には容赦ないもんね。子供ってそうよね。腹立つ〜〜〜。まあ、それも母親の仕事の一つではあるんだけど・・・。疲れてしまう。はあ〜〜〜。
e0006429_1842879.jpg


こんな時期もあったのよね。ややこしかったけど、今のイライラ感はなかったな〜。でも、毎日誰かにお小言言ってたかもしれない。
3月末には落ち着く所に落ち着いているだろうし、もう少しの事。これをひょうひょうとやり過ごせないとこの洋子母さまがすたるってもんでぃ。
皆様、ご清聴ありがとうございました。
[PR]
by papillon-e | 2006-01-14 18:59

えべっさん


 咳コンコン、鼻水ズルズルを長引かせている間にこんなに時間が過ぎていようとは・・・。新年の挨拶もなく、大変失礼しました。改めて、今年も幸多い気持ちの良い年でありますよう、よろしくお願いします。

 
e0006429_1556633.jpg


行ってきました、えべっさん。「商売繁盛で笹もってこい!」のえべっさんです。久しぶりの屋台と人ごみはかなり興奮します。大阪や神戸と比べたら規模も賑わいぶりも随分と違うのだろうと思うけど、ここ京都のえべっさんも祇園のにぎわいがあり、なかなか風情があっていいもんです。しかし、以前に比べたら出店の数も減ったように思う。そのせいもあるのか、まだ時間が早かったこらか、人のにぎわいも寂しかった気がする。25年ほど前は驚くばかりの人でなかなか動けなかったように覚えているのだけど・・・。
e0006429_1614196.jpg


 でも、安心。神社の前にはしっかり長く,太い行列ができていました。いろんな人たちのいろんな会話が耳に飛び込んでくるのがとても楽しく、皆それぞれにいろんなものを背負って生きている様が垣間見れ嬉しくなった。お賽銭箱近くになると「えべっさん。たのみますで〜」「今年は儲けさせてくださいね〜」等とけっこう声を張り上げてお願いされていた。ほら、愉快でしょ。私は「ご無沙汰してます。また寄せてもらいます」なんて訳の分からん事を唱えてました。実は昔、ここで福娘をさせてもらっていたんです。綺麗なお嬢さんが多い中、異色の私でしたが「あんた福々しいし、あんたのとこで買うわ」と物好き、いえ、心優しいおじいちゃま達がホクホクと笹飾りを買ってくださったことを昨日のように覚えています。今も「あんたが一番福々しいわ」(一番太ってるって事?)の一言が心に残っている。最高の褒め言葉のような気もする。あの時のおじいちゃま。私は今もやっぱり福々しく、でもって年を重ねていいあんばいになってきてますよ。(そう思いたいな〜)
e0006429_1634624.jpg


屋台は楽し!もうきょろきょろしないと行けないから人とはぶつかるし、欲しいものを見つけてじっと見てるもんだから邪魔になるし、人の多い所ですこぶる迷惑をかけているだろうと思う。串カツ、たこ焼き、お好み焼き、カルメラ焼き、飴細工、とうもろし、綿飴、七味なんか昔からある定番だけど、ここ3年ほどでシシカバブ、とインドの屋台なんかが出てきた。もちろん、キムチの店も、チジミの店もあるけど、インドのナンにカレーソース、タンドリーチキンをのっけて売っているのは新鮮だった。匂いも圧倒的に違うし、すごーく胃を刺激していた。インドから来た青年なんだろうか。アルバイトでしてるのかな?
e0006429_1643278.jpg


そうそう、えべっさんに行ったらこれを買わないと。えべす焼きです。中はつぶあん。一口サイズで食べやすいし、甘さもこの大きさで十分に満足できます。皆さんにもどうぞ。(食べれへんや〜ン)
e0006429_16462037.jpg

[PR]
by papillon-e | 2006-01-11 16:48