日々の中での出来事・思いを重ねていきたいなぁ。仕事のことも生活環境の事も友人のことも仲間のことも連ねていきたいなぁ。


by papillon-e
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

嬉しい事。

 最近、嬉しい事があるのであげてみようかと思う。
e0006429_1844676.jpg

今、ディスプレーにこの服をかけているのだけど、「これ、自分で着ようと思っている服だろう」と言われた事。久しぶりに聞く言葉。とても勇気付けられた。悶々、いじいじしていたけど、少しずつ回復して来ているかな?(これが似合うってことは、えっ!えっ!まだまだ大丈夫かい?あっ、似合うとはいわれてないか。)

 友人から電話のおり「あんたがいててくれてよかったわ。ずっと元気でいててや」と言ってくれた。前回の電話で彼女がくさっていたのでいろんな話を聞きながら思った事をいったのだけど・・・・。でも、嬉しい。私も彼女に同じ事を言いたい。Sちゃんも同じ事を言ってくれたし、私も同じ事を言っていた。友情は育てるもの。愛情も育てるもの。お互いに友情を育て愛しんでこれた一つの証かもしれない。嬉しい〜〜。感謝!


e0006429_1914933.jpg
e0006429_1921545.jpg
e0006429_1925531.jpg

 近くにあるシャモニー(洋食レストラン。でも夜は飲み屋に変身)で、シェフのシンイチさんが「なんやかんや言うても、おまえは大丈夫や。」と励ましてくれた事。長いおつきあいだけど、なんかうれしかった。それこそなんやかんやでこの時瓶ビール大を一人で3本ほどあけたかな?また、陽気になって騒いでいた。まあ、這ってでも返れる所にあるのでありがたい。

 ぶんさんと kathyさんのブログでエスカルゴ・バターの件で紹介いただいた事。新座モノの私を温かく迎えてくださっている事にも感謝。知らない方だけど、少し知っているような。会った事の無い方だけど、どこかでお目にかかっているような・・・・。ブログっていろんな可能性があるのね。と改めて感じています。ブログを進めてくださった古川さん・ toosamsさん・musicday さん改めてありがとうございます。また、ここに来ていただいている方。みなさんありがとうございます。
 うれしいな〜〜〜。葉っぱ隊のおどり(笑う犬の生活であった)をしてしまいそうです。井上陽水の『あ〜りがと〜。あ〜りがと〜』も頭の中でぐるぐるしてます。
[PR]
by papillon-e | 2006-01-31 19:16

サントリーバー3

 昨日のハミングは、どうも「ちがう」らしい。友人にも旦那にも「ちがう」と指摘をうけた。そういう事で、間違っています。失礼しました。「サントリーのコマーシャルソングのCDが出てるそうだから、調べてみたら?」と旦那に教えてもらった。また、なんと言っても「開高健」を忘れてはいけない。(思い出すまでに時間がかかってしまった)で、ここで、「開高健の事を君がとやかく言ってはだめだよ。開高健の本を読んでないだろう?彼は男のロマンを追求した人でもあるから、君は何も書いたりしてはだめだよ」と釘をさされた。旦那に取って「開高健」は時別な人らしい。

 四条のサントリーバーで見かけるすご〜くカッコイイ女の人がいる。身体は大きい方でなく、細い、キリッとしたモダンな装いをされてる。2、3回お見かけしただけなので会話もしたことがない。キレイでカッコ良い方だ。私もかっこ良い年の取り方をしたい。まさに「上手に年を重ねて来た人」だろう。来てられる服もモダンだ。ドルチェアンドガッパーナのだろうか、ジーンズ地にフリンジがついているミディー竹のスカートにダウンのショートジャケットの出で立ち。髪も短く、すごーくチャーミングだった。誰でもが似合うカッコではない。しっかりレッスンを積んで初めて着こなしでスタイルだろう。服の好みはどうであれ、カッコイイのはやっぱりあこがれる。

 今週はもう町には出かけないけど、来週か再来週にでもまた、寄ろうかな。
[PR]
by papillon-e | 2006-01-27 16:48

サントリーバー2

 そう言えば「だんだん、だんだら、でゅびゅてゅばー、ラリィ〜ラリィラ〜。だんだ,だんだん,ダンビュビバー、だ、でだだんだだ〜ん」ってサントリーの宣伝があった。はっきり「あんた、何言ってんの?」って感じだとおもうが、これは節があって、それに乗って歌うとなかなか「高倉健の世界」のようなものに入れるんです。(抽象的で、尚かつ感情的で解りにくいと思います。反省)この曲、以前サントリーバーで飲んでいて始めて会った方と意気投合してこれを20回ほど歌ってました。昨日、寝る前に思い出し、「これを書いておかないと、サントリーのコマーシャルの事は言えない」と悶々としてたので、これでスッーとしました。

 サントリーのコマーシャルに何でこんなに思い入れがあるのかな?トリスの「トリスおじさん」の爪楊枝入れも家にあったような・・・・。「ハードボイルドでいくど」も「ソッソ、ソックラテスかプラトンか。み〜んな悩んでおおきくなった」もウイスキーのコマーシャルだった。お酒のコマーシャルはもっと硬派でなくてはいかんのではないか。最近のお酒の宣伝は「いいちこ」「しらなみ」は少し別にしても、軟弱なのではないか?少し明るすぎない?もっと、こう哀愁とか独特の少し重いモノがあってもいいのじゃあないか?「かっぱっぱー、かっぱっぱー」の「黄桜」の宣伝みたいにあっけらかんとエロいどうしょうもないだらしない男を見せてくれてもいいけど・・・。(子供の頃あの宣伝は恥ずかしかった)女のカッパが色っぽかったから、仕方ない。女の色香に男は迷う事もある。(うん)

 サントリーさん。もっと渋い、宣伝を作ってください。背伸びしてでも、見てみたい大人の世界を表現してください。若いとき、ウイスキーも飲んでましたがジョニーウォカーの緑のラベルしか飲めませんでした。国産のウイスキーは高かった。だるまとか角瓶なんて大人の銘柄でした。最近では、たまにお金のあるとき「響」を飲んで「うまい」と言ってしまう中年のお嬢様ではありますが、もっと夢をください。また、若い人たちにもあの年になったらあんな風に酒を飲むよう年を取りたいと思ってもらえるような、あこがれをもったコマーシャルを作ってください。お願いします。

 なんか酔っぱらって来たみたいになってきた。一滴も入ってないのに、不思議だ。いろんな事がすごく軽く、軽薄な印象のコマーシャルが多い中、人を使って重厚感のある宣伝は需要とされないのかも知れない。でも、宣伝の中にその会社の持つ骨太な哲学が織り込まれてもいいのではないだろうか。最近のナショナルのストーブのお知らせのように、逆説的にしっかり会社のイメージを受け取れる事もある。いかがだろうか?

 まあ、ここで言ってても仕方ないかな〜。私はお嬢さんではあるが、またおじさんにもなりたいお嬢さんなのだ。いや、紳士にあこがれる、淑女でありたい。また、紳士に一目おかれる淑女になりたい。この気持ち、真摯に受け止めてもらいたいもんである。ふむ!(あ〜〜〜。もうあかん。これは来てる〜〜〜)
[PR]
by papillon-e | 2006-01-26 19:07

サントリーバー

 久しぶりのサントリーバー。京都は四条の阪急デパートの東隣のビル地下一階にあるるサンボアバーと同じぐらい老舗のバーだ。昔は道に面していたらしいのだけど,今は商業ビルの地下にある。なかなか味のある店で、いろいろなものが使い込んである様子がなんか嬉しい。来たおいでの方々も味のある,渋い方がおいでになったり、すごーくかっこいい女性の方がおいでだったり、わくわくする事がある。

 今年初めて寄せてもらったのもあり、なんか気恥ずかしかった。考え過ぎなんだけど、もっと寄せてもらいたい気もあるけどこれがなかなか・・・・。マスターとバーテンダーの方の二人の事が多いのだけど,おそがけにはママ(べっぴんさん)に会える事がある。皆,明るくって気持ちの良い方達でついつい飲み過ぎてしまう。ちなみに昨日はジンリッキー3杯でした。
 ここで面白いのがトイレにある謎のエレベーターだ。いろんな事でこの配置になったのだろうけど、トイレの手を洗う所の鏡にエレベータの階の表示が見える。そうそう、ボタンもあったかな?黄色い数字が動いているんだけど,扉はどこにもなくなんか不思議な感じでおもしろい。気がつくのにけっこう時間がかかったけど、トイレに行くたびにおもしろがって見ている。
 もう一つ、お宝がある。「チチチンチンチキチン。サントリーホワイト」の宣伝をテレビでしていたのを覚えておいでになる方もいる事かと思うが、あの、サミー・デイビスJrのサイン入りホワイトのボトルだ。ロン・カーター(私大ファンです)がサントリーのコマーシャルをしていた時の話を興奮しながらしていたら、奥から「こんなんあるで〜」と見せてくださった。ボトルの封はもちろん開いていて空だったけど、そのボトルもラベルも今のとは違っていて、なんか胸がジ〜ンと厚くなったのを覚えている。あの時代のサントリーのコマーシャルはよかった。男が男で、また、大人の世界がしっかり大人の世界であったような気がしてた。軽〜いノリではなく、しっかり背中に荷物をセ背負った重みも、生き様もあったように思う。
 あの時代のサントリーのコマーシャルは本当によかった。また、テレビで流してくれないかな?こんなのはどうかしら?
「ロン・カーターの場合。昔のベースを弾きながら角を持っているフィルムを今のrん・カーターが角を飲みながら大きい椅子にすわり、音楽を聴いてる。それで、キャッチはこの味には思い出が詰まっているんだよ・・・角瓶。サントリー」どうかしら?けっこう渋くっていいと思うんだけど・・・。キャッチはもっと他でもいいな。「琥珀の向こうに思い出が見える」とか・・・・。サントリーさんロン・カーター使ってください。

 中年もど真ん中に来ると昔のコマーシャルや歌や映画やマンガの事で小さい話も大きくできる。コマーシャルソングなんかも歌えてしまう。20年ほど前友人が「どうでもいいようなコマーシャルソングは覚えているんだけど、大事な事はすぐ忘れてしまう」とアメリカのDr Pepperのコマーシャルソングを歌ってくれた事があった。本当にそうだ。私もカルピスの宣伝でオズモンド・ブラザーズ(当時大好きでした)が歌っていた「カルピス飲んで考えよ〜。ジミーによく合うお嫁さん〜〜〜」ってまだ歌えるもんな。それを知ってる人がいたりすると直ぐに意気投合していまう。酒飲みの特権かもしれんが、いや〜愉快だ。
 
 居酒屋の良さ、立ち飲みの良さ、ホテルのバーの良さ、また街角のバーの良さ。いろいろそれぞれの良さを味わえるこの幸せ。酒は良き友、でまた気の合う友をも引き合わせてくれる。飲み過ぎてはいけないけど、あの雰囲気はいいな。それと、行きつけの店は持っておいた方がいいな。「どうしてんの〜」と聞かれるのも嬉しいな。うん。
[PR]
by papillon-e | 2006-01-25 18:56

スタートライン

 センター試験も終わり、その結果に肩を落としたり,志望校も変えなくてはいいけなくなった受験生も多いだろう。東大、京大は足切りがあるから一定の点数をとっておかないと受けさせてももらえないらしい。一応のデーターからはこれ以上の点数を取っておかないと受験するのは難しい等、いろいろな目安があるらしい。昨年は「なるようにしかならん」と距離を置きながらみていたけど、やはり今年はどっぷり受験生の母を演じてしまっている。

 M郎もなんとかスタートラインにエントリーできたらしい。でも、これからの2次試験が勝負になる割合しか取れなかったので、『気分を切り替えてやるわ』と言っていた。なにやら、「今年は簡単だったから平均点が上がるらしい」と言う事で,本人は「え〜。つっら〜」と凹んでいた。この一ヶ月半をいかに過ごすかで随分と変わってくるらしい。その間に4校受ける体力と気力も必要だろう。M郎は受験数はまだ少ないらしい。しかし、受験料と受験のシステムに昨年同様、混乱する。昔はもっと簡単だったように思うのだけど・・・・。まあ、私の年が共通一次の第一回の年だからそれはそれで混乱していたのかもしれない。

 試験の前日,緊張のあまり寝れなく、嗚咽していた。フルートをしていた時の発表会の前にも嗚咽していたことがあったように覚えているが、また違うようだ。当日の朝もテンパッタ顔をしていた。後日友人に聞いて『皆寝れへんかったらしい』と少し安心したらしい。7年間面倒を見てもらっている家庭教師のふっちゃんに『おまえはノミの心臓やからな』と言われていが、本当にそういう所がある。『ノミの心臓』も捨てたもんではないから、それを上手に使えばいいんだよ。まあ、人生、こういう緊張も経験しておいてもいいだろう。見ている方はけっこう辛いけどね。

 M郎の友人との話。「もう浪人する精神力はないし、今年でなんとしても終わらせたいなぁ」「おれも、また一年あんな思いをするのかと思ったらもう勘弁して欲しいもんな」「そうやな。2浪できたら社会に出ても何でも出来るンと違うやろうか」(しばし沈黙)「おれらガンバッたもんな」「おれ、絶対受かるし」「おれも絶対受かるし」。何にしても経験と思いは次の行動に移す協力な原動力となるようだ。その調子で自分の人生を耕していってほしい。彼らの話はなかなか心理を突いている。また、一般的だが「若いっていいな〜」と心から思った。

 T子がぼそっと「あのさ、やべっち(友達)のお姉さん、センター9,6割とったらしい。東大の理1を狙ってるらしいけど、理3にいけるやん。なんかすごい。」と話をしてくれた。いろんな子供達がいる。みんな、がんばれ。どんな子も自分をあきらめるな。あきらめない限り、希望と可能性はいつも一緒にいる。受験生のお母さんも気力と体力つけて子供達を応援しましょう。(これしかできん!)

   *********************************

昨日の夕食。病院で見ていた「今日の料理」より「ほうれん草とウインナーのキッシュ」をつくりました。
 用意するもの(人数5人分)
・卵8個
・ウインナー3パック
・ほうれんそう (お好みで。私は3束ほど使いました)
・バゲット(残ってるパンなど。本では麩だった)
・パルメザンチーズ
・塩・こしょう・牛乳

ほうれん草をゆでて適当な大きさに切る,ウインナーも4つぐらいに切っておく。
卵を割り、塩,こしょう、牛乳、パルメザンチーズを混ぜ、上の具を入れた器に注ぐ。
180度に熱したオーブンに40分ほどいれ出来上がり。

 
e0006429_16281262.jpg

 温度を200度にした事もあり、こんがり焼き過ぎてしまった。残念。でもおいしかったよ。

 サラダ
・水菜 一束
・ひじき (カンズメのを一つ)
・焼豚の切り落とし(300グラムぐらい)
・すりごま (適当)
・ごまドレッシング

水菜は水で洗い、適当な大きさに切りる。焼豚の切り落としはどこにでも売ってる訳ではないかもしれない。でも、是非焼豚で試してください。水菜とひじき、焼豚の切り落としをタッパーにいれ、すりごまを振り、ごまドレッシングをかけ、タッパーの蓋をして振り振りするとアーッと言う間にサラダの出来上がり。これに大豆を入れてもOK.

e0006429_16361634.jpg


冷蔵庫にあるのも,乾物でもできるのでお進めします、ビバごまドレッシングです。
[PR]
by papillon-e | 2006-01-24 16:37

学ぶ事

 私が気に入っているメルマガをご紹介したいいと思います。「考えるヒント・今日の言霊」 http://www.management-brain.co.jp/です。
今日の言葉を息子にも娘にも学んでいる人たちへ伝えればと思います。
毎日楽しみにしています。
最近,何かで励まさないと自分の事ができなかったり、仕事が手に付かない事もあるので、いろんな言葉を噛みしめてみたり,考えてみたりしてます。人間こんな時もあるのでしょう。真摯に受け止めて心に少しでも刻みたいと,穏やかに心があるようにしたいと望んでいるからかもしれないな。
 
===============================
■今日の言霊:太宰 治  (「正義と微笑」)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。
けれども、全部忘れてしまっても、
その勉強の訓練の底に一つかみの砂金が残っているものだ。
これだ。これが貴いのだ。勉強しなければいかん。
[PR]
by papillon-e | 2006-01-23 17:31

ひっかかる事

 人それぞれ、心にひっかかっている言葉や発言が一つや二つあるだろう。日頃は忘れていても何かの拍子にふっと思い出して「あーあんな事言ってたな」「あっ、思い出したら腹立ってきた」なんで事があるに違いないと思う。いい言葉なら活力にもなるし、思い直す原動力にもなるだろう。相手を痛めつけたり,愚弄する言葉なら「今に見てろ」と奮起する力になることもある。それぞれ、心の引き出しに閉まって封印している事もあるだろう。

 昨日とあるニュースで北朝鮮の事をいろいろ分析してた。ぼ〜っと聞いていたのだけど、「君は北朝鮮のような人だな」と言う言葉を思い出してしまった。昨年の4月頃にそう言われ考え込んでしまったことがあった。その当時、拉致問題等で北朝鮮の言分がコロコロ変わっておおよそ良い印象や誠意を感じない、また、やっかいな隣国だという印象をもっていた。そう思っている私は「北朝鮮のような人」と言われ、また、「どうとるかそれはそれぞれの人に寄って取り方が違うから、好きに解釈すればいい」と助言(?)してもらいまたまた混乱した。アメリカからは「悪の枢軸」と言われ、拉致被害者問題の対応の悪さ、核の事での不信感,国内での不思議なニュース等、何とも落ち着きのない不愉快な印象を新聞テレビで感じていた。
 私としては決して誉められたとは思えないし、侮蔑されたと相手に言えば「ほー、君は北朝鮮の事をそういう風にとらえているのだね」と返って来た。まあ、その時はそう言う方とやり合っていたので私の事が憎くて嫌いでいやで仕方なかったんだろう。
 時々書いているように、実際、私は人から好かれるタイプの人ではないのだろう。(自分ではよくわからない)妙に正義感があったり、原理原則を大事にしたり、融通の利かない固い所があり扱うのも難しいのだろう。

 今思うと「意地の悪いいや〜な言い方やけど,人を凹ますにはなかなかうまい言い方」だと思う。だって先方は「北朝鮮みたいな人」としか言ってなく、どう解釈するかはこちらに放り投げる訳だから。私がどう感じているかで先方は私の出方を待っていたりして、どう返してもなんとでも言える。ようはおちょくられていたのかもしれない。
でも、やっぱり私としては気分の良いものではない。だから、未だに「あれってどういう意味で言わはったんだろうか」と思い出すと気になってしまう。
 まあ、いけずな言い方だ。相手を黙らせるのには効果があるし、自分の事を守りながら相手が嫌な気分になるようにしむける、うまい言い方でもあるのだろう。私の日常にはほとんどないが、こんな風な言い方で相手に傷を負わせると言う事も社会では多々とあるのだろう。そう思うと一度経験したので、次にそう言う場面に出くわしたらどう立ち振る舞えばいいかおおよその予測はつく。あっ、賢くなったかな?

 先方はとうに忘れてる事かと思うが、時々ふとした時に思い出してふつふつと腹を立てる私はここにいる。いや〜〜〜私って怖い。根に持つタイプだからね。後、2、3年経つたら忘れているだろうか。
 まあ、言われたってことは言ってるって事でもあろうから・・・。一人ぷんぷんしてても仕方が無いかしら。


 
[PR]
by papillon-e | 2006-01-23 16:27

センター試験

 年末から風邪で寝ていて、すっかり完治したはずの風邪がぶり返した。M郎には出来るだけ近寄らないようにしているが、いかんせん狭い家なのでどうにも逃げ場がない。さすがに神経も立ってきている事もあるのだろう、思いっきり「うっとしい」と言う目でにらんでくる。あなたが風邪引かないで,コンデションよければいいのよ。私はあなたのコンデションを良くするために注意をする事は大事だけど,私の事はいいのよ!っと言ってもウットシイのは確かだろう・・・。はあ〜〜〜〜。
 
 京都では雪も降らず、曇り空の試験日になった。関東の方はかなり雪が降ったようで学生達も足下が悪い中、神経を使った事だろう。それぞれが平常心で自分の学んだ事を十分に発揮できたであろう事を祈るばかりだ。さすがのM郎も、いつもは自転車で行ってる所ではあるが、さすがにバスを使っていた。朝から「コブクロ」の『永久に』と『DOOR』を聞いて「ええな〜。」「そうなんや」と言いながら自分を奮い起こしていたようだった。昨日の夜は高校の時の友人からメールが届いたらしく喜んでいた。また、保育園からの鼻たれ仲間のK太郎君が来てくれて励ましてくれたようだ。

 M郎は友人と先輩、まわりの大人達に本当に恵まれている。これも彼の持っている一つの徳なのだろう。私としてはとてもうれしい。彼の友達が彼にとって良き友人であるように、またM郎も彼らにとって良き友人であるよう努めないといけないだろう。人間関係が少しでも円満に過ごせるなら、それだけでたいがいの安心と安定を手に入れたようなもんではないだろうか。これから、いろんな経験をして脳みそ使って心も使って成長してくだろう。そのなかで、広い視野と広い心と愛する勇気を身につけて行ってもらいたい。母は、人間関係を作るのが下手だからな〜〜〜。君のキラキラさが本当にまぶしい。

 ともかくセンター試験は今日と明日。「なるようにしかならない」けど、パスポートがもらえればいいね。

 かく言う私は、また思い悩む事があり、心の葛藤をしている。体調が悪い時に考えるもんではないと思うけど、だからこそ考えてしまう。結果はいい答えが出るとは思いにくいのだけど・・・。早く結論を出したくなるから、逃げたくて仕方なくなるからしかたない。友人のSちゃんが「体調悪い時は考えたらあかんで。マイナスになっていくし、いろんな事思い出し、またはらわた煮えくり返るからな。元気な時に思い出したら『あほらし』で澄む事がすまへんから・・・。」と言ってた。確かに!本質だろう。しかし,気分が滅入る。
 早く風邪を治して,元気になって,もう一度自分に問いかけようか・・・。いや、もう遅いかもしれん。


e0006429_1943067.jpg

[PR]
by papillon-e | 2006-01-21 19:05

お知らせ

以前にも書いた事があるのですが、京都デザイン優品の応募要項が出来ましたのでお知らせいたします。興味を持っていただければ幸いです。また、今までの選定商品もこちらに発表されています。ご覧下さい。
http://kyo-brand.net/

http://www.kyo-brand.net/2006-info/

 ─────────────────────────
  京都デザイン優品2006 公募 応募要項
 ─────────────────────────

◆開催趣旨
京都には世界に誇る「ものづくり」の伝統と文化が脈々と息づいています。私たちの足下に埋もれている商品、これこそはと胸を張っていい商品が数多くあります。そうした京都に根ざした優れたデザイン商品の発掘を狙いとした認定事業です。広く世界にアピールできる優れたデザイン商品を発掘・発信することを通じて、京都の産業デザインの発展を図ることを目的とします。
認定された商品には「京都デザイン優品2006」認定証を発行するとともに、インターネットのホームページ、他メディアで紹介・発信します。
又、「京都デザイン優品」の名称やシンボルマークを使用することができます。

◆応募対象商品
商品の企画・デザイン・製造のいずれかが京都府内でおこなわれているもので、反復生産が可能な商品であることとします。
*類似したデザインが他から既に製品のデザインがGマーク等、公的に認定されている商品および芸術作品は
 応募出来ません。
*2006年度に新製品として製造・販売予定の商品も可能です。
*和服、着物の商品(ファッション分野)は対象外です。

◆応募資格
京都府内に本拠を置く製造業者・デザイナー・販売業者。
*応募にあたっては、応募商品の開発に関わった関係者(製造業者・デザイナー・販売業者など)の事前承認を得ておいて下さい。

◆出品登録期日2006年2月10日(金)締切り

◆出品料
一点につき3000円
  (組み及びシリーズは3点以内で出品料は5,000円・3点を超える場合は、1点につき1,000円の追加)
*出品料は搬入の際ご用意下さい
*搬入当日の単品からシリーズへの変更はご容赦下さい。

◆出品登録
 出品登録書に必要事項を記入の上、開催事務局ー(社)京都デザイン協会ーへ郵送またはファックスで送信してください。
 折り返し事務局から受け付け完了の通知をさせていただくと共に、後日、商品搬入に必要な書類をお送りします。
 「京都デザイン優品」のホームページhttp://www.kyo-brand.net/からダウンロード・申し込みできます。

◆応募の流れ
●出品登録(2月10日締め切り) →●応募商品の搬入(3月24日)
●審査 →●応募商品の搬出(3月27日) →●意匠権の調査(2006年4月) 
●審査結果の通知(2006年4月下旬) →●認定証の授与・交流会(2006年5月下旬予定)
●ホームページで紹介(2006年6月)

◆出品登録書の送付先
 (社)京都デザイン協会 
 京都市上京区葭屋町通中立売上る福大明神町128 
 京都西陣町家スタジオ1階 
 TEL(075)415-8008 FAX(075)415-8028

◆応募商品の搬入・搬出
応募のあった全ての商品は現品で審査をおこないますので、下記により商品を搬入・搬出してください。
搬入:平成18年3月24日(金)午前11:00〜午後3:00
搬出:平成18年3月27日(月)午前10:00〜午後2:00
会場:京都市立芸術大学
   〒610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6

◆審査結果の通知
審査会の決定に基づき、意匠権調査を経て、認定商品を決定します。
当否にかかわらず審査の結果は2006年4月下旬に文書で通知します。

◆交流会と認定証授与式
2006年5月下旬(予定)に、京都市内で交流会を開き、「京都デザイン優品2006」の
認定証授与式をおこないます。

◆認定商品の展示
認定された商品は、展示を行う予定です。

◆審査委員
久谷政樹(社団法人京都デザイン協会理事長)
向井吾一(京都意匠文化研究機構代表)
山内陸平(京都工芸繊維大学名誉教授)
河崎隆雄(インテリアコーディネーター)
石橋勝利(株式会社アクシス 情報企画グループ編集長)
竹林善孝(京都デザイン優品実行委員長)  

◆審査基準
「京都デザイン優品」を認定する審査の基本的要素
●美的かつ独創性がある
●斬新な京都イメージを創造している
●使いやすい配慮がなされている
●新しい素材・技術に挑戦している
●価格が購入価値に見合っている
●ライフスタイルや環境への新しい価値と方向性を提案している

◆お問い合わせ  
社団法人京都デザイン協会(開催事務局:出品登録書提出先) 
〒602-8233 京都市上京区葭屋町通中立売上る福大明神町128 
京都西陣町家スタジオ1階 
TEL(075)415-8008 FAX(075)415-8028
e-mail:info@kyoto-design.net
◎優品事業に関する詳しいお問い合わせは http://www.kyo-brand.net/

◆主催 (社)京都デザイン協会
◆後援 京都府・京都市・京都商工会議所・(財)京都産業21・京都府中小企業団体中央会・京都意匠文化研究機構・京都新聞社・KBS京都
[PR]
by papillon-e | 2006-01-19 14:50

チョー簡単。

e0006429_124273.jpg

昨日のメインの夕食です。
仕事から帰り、30分以内で夕食の用意をするのを信念としている私なのでいろんな手抜きをしています。今回は本当に簡単なので、忙しかったとき、時間のない時に是非お進めいたします。

 豚とキャベツのポン酢炒め。
・ニンニク 一掛け 適当に切る。
・豚(バラ肉)  人数分に合わせ適量。 適当にざくざく(少し大きめ)にきる。
・キャベツ 3人分で半分ぐらい使ったかな? 適当に食べやすい大きさに切る。
・水菜 (これはお好みでネギでも,ニラでも良いのかも知れません。彩りに使いました)  適当分を少し細かく切る。
・塩 コショウ少々
・ポン酢

この材料を炒めるだけです。フライパンに適量のサラダオイルをいれ、熱した所にニンンクをいれ軽く炒めます。その上に豚肉をいれ、塩コショウをします。適当に色がついたらキャベツをしんなりするまで炒め、彩りの水菜をいれ、ポン酢を入れてかる〜く混ざるように炒めればおしまい。ご飯が進みます。
 私は飯尾醸造のポン酢を使っていますが、どこのメーカーでも美味しいと思います。
飯尾のは香りが良いのと、あまり「つーん」と来ないのが気に入ってます。興味ある方はこちらですのでどうぞご覧下さい。
http://www.iio-jozo.co.jp/

このメニューは何を入れてもさまになるので,冷蔵庫をすっきりしたい時に特にお進めします。昨日はこれにカレースープ.黒豆.鯛の子.らっきょでした。

実は風邪がぶり返したようで、熱が出てきました。少しでも外に出ないで家にあるものを使いたい時には便利ですね。野菜だけでもけっこう行けるかも知れませんが、豚肉があってよかった。(携帯からの写真なのでみにくいです。)
[PR]
by papillon-e | 2006-01-19 12:26