日々の中での出来事・思いを重ねていきたいなぁ。仕事のことも生活環境の事も友人のことも仲間のことも連ねていきたいなぁ。


by papillon-e
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:未分類( 236 )

12月9日


12月9日 午前1:35
母が亡くなりました。享年48歳。
8日の朝に痛み止めの薬を張り替えてもらい、それがよく効いていたため眠るように息を引き取りました。担当看護婦さんが9時頃「朝が危ないかもしれない」と教えてくださったので、自宅に帰っていた妹を呼び寄せ、みんなが居る中息を引き取れたのはよかったと思います。本当に一家団欒、というよりくつろぎモードの最中にふっといったので、くそう最期に裏をかかれたなぁという気分でした。
密葬という形で通夜も告別式も済ませて、今は家に帰ってきています。入院中は付きっ切りだったため混沌と化している部屋の状況に怒り沸騰してそうで怖いです。待ってよ母さんゆっくり片付けるからさ。

とりあえず、
1年9ヶ月の闘病生活
48年間
お疲れさまでした。
向こうに行ってもやることは多いみたいだから頑張って。

ありがとう。
いってらっしゃい。
[PR]
by papillon-e | 2008-12-11 09:27

ご無沙汰しています



ご無沙汰しております。
もう随分たってしまったようですね。

母から言付かって娘が書いております。


このブログを見てくださっている方は母の病状の事ご存知なんですよね。

近況報告のような、そんなものを書きます。


9月半ばに胸水が溜り緊急入院しました。肺に溜まった水を抜き、そのときはすぐに家に帰ったのですが3日後くらいにまた胸水が溜り緊急入院しました。
胸膜と肺を癒着させる手術をする予定だったのですが、抗癌剤の予定との兼ね合い・母の体力的な問題がなかなか上手くいかず1ヶ月以上の長期入院になりました。
そして10月の18か19のどちらか(記憶が定かではありません)に京大病院の主治医の方から新しい抗癌剤の説明・バプテストに移るための説明とともに余命宣告を受けました。
薬の投与無しに一ヶ月、だそうです。
新しい薬をつかって三ヶ月、といわれました。

今はバプテスト病院に入院しています。
新館の個室で、窓から大文字山が見えるいい場所です。
トイレが付いているので、本人はすごくそのことを喜んでいるようです。
トイレに行くもの結構困難なようで。
5つ前くらいの記事で「誰が病気?」などと申しておりますが、今は十人中十人が口をそろえて「お前だ!」と言えるくらいには立派な病人です。


あ、と、有り得ないとは思いますが、お見舞いの品などに食物を持ってきてくださるのはご遠慮ください。
本人食べないため家に持って帰ってといわれるのですが、家族みんながほとんど病院にいるため家での食物消費量は株価の如くがた落ちです。持ってかえって食べずに放置している果物類が多くなりお小言を喰らうのは御免ですので。悪しからず。
お菓子も、わたしと妹の体重のことを気にかけてくださるのならばご遠慮願います。


こちらの記事にコメントくだされば、責任持って母に伝えておきます。


最近
母だけでなく父にも「母さんのことを記録に残して」と言われるので、もしかしたらまた書きに来るかもしれません。
[PR]
by papillon-e | 2008-11-06 15:00

ありゃありゃ???

 また、ボーっとしている間に祇園祭になってました。最近、入退院が多く、なかなか自分が思うようにいかないです。
 
 今回はまた首がはれて緊急入院。顔も腫れて自分でもビックリするほどでした。左にリンパ種があり、右に血栓ができていたのですが、うまく血がながれなくなったようです。右半身のみが浮腫んでます。足の太さもお腹も腕も首もぱんぱん。利尿作用のあるものを心がけて取ってます。いろんなことがあるな~~~~。でも、元気ですよ。

 ただ、水がたまっているので苦しい。首も苦しい。痛みも少しあり。次の抗癌剤に期待をかけてます。また、夏には新しい抗癌剤が認可されて、京大でも使えるようにいなるらしく、それも楽しみにしてまってます。
 今回の入院でまたいろんな出会いがあり、楽しくすごせました。いろんな人がいるけど、それぞれの人生が垣間見えて思うことがたくさんありました。たいがい、私より年上だからよけいかな???

 今、庭をさわっていいます。庭師のお兄さん一人で、もくもくと作業をし、また、アイデアを考えてくれてます。インデアンテントのある庭だから色々考えてくれてるようで、とてもたのしみ。どんなのになるのかな??

 まだ、体調が戻ってないので指がしびれて打ちにくいのですが、今日の気持ちよいお日さまに元気をもらっているようです。
[PR]
by papillon-e | 2008-07-17 11:37

夏ですよ。あれ??

 すっかりご無沙汰してしまいました。皆さんへの返事もままならず、申し訳ありません。いつの間にか7月に入ってしまって「なんじゃこりゃ~~~」です。

 6月に薬の副作用もあったようで血栓ができてしまいました。しかも、右の首の辺り・・・・。とほほほほ・・・・・・。成長している体はなかなか思うようにならず、ビックリ仰天する事も多々とあります。 10日ばかり入院してました。左にもともとのリンパ種があるのですが、そこも満員御礼で、静脈が通行止めされているようです。全体のリンパ腫の数はかわらず、背中の静脈辺りのガン君がへっているようですが、そのガン君たちは首に終結して何かをたくらんでいるようです。デモをするわけでもなく、決起集会でしょうか?私としては早く解散してガラガラになってほしいのですが、自分が思うようにいはなりませんね。その反対の首に血栓ができ、思いっきり腫れてまた、静脈を圧迫したようです。血の循環がうまくいかず、メロンパンちゃんのような美味しくまあルイ私の顔がアンパンマンのように横にひろがり、首が「北斗の拳」の拳四郎のような、ランボーのようなマッチョな首になってしまいました。ちょつとショック!!!!
 
 病院では血栓をとるために血液がサラサラになるワーファリンなる薬を使って血栓を何とかしようと試みていました。でも、あんまり効果なかったみたい。ちょっとショック。でも時間をかけてゆっくりゆっくり・・・・・。

 今も首と顔は浮腫んで少しアンパンマン。仕方ない、我慢です。

 今回の入院も楽しく過ごせました。私は運がいいのか、病院の先生は勿論、看護士たち、同じ病室の人たちに恵まれているように思う。よく笑い、よく喋り、時に誰が病人???と思うほど賑やかで、嫌な思いはしてない。ありがたい。研修医の先生はカッコよく、可愛らしかった。ちょっとクリストファー・リーブに似ているナイスガイでした。うふふふ。

 犬のね子は少し大きくなってきてるもののまだまだちびっ子です。写真を皆さんに見てもらいたいのだけど、今一よくわからない。娘にい聞いて出来るだけ早くアップしますね。庭も少し変わってきたのでそれもみていただきたい。

 夏の宝が池は中々清々しいです。みんな、体調はあまり良くないけど、心は健康です。
[PR]
by papillon-e | 2008-07-01 10:24

気がつけば・・・・。

 春からもう初夏に移ろうとしています。春休みの東京は子供達に取って実り多きたびだったようです。赤坂の桜が美しく、昨年の事を色々思い出して涙が止まらなくなってしまたり、落ち込んでしまったりと自分では理解していたように思っていただけで、飲み込めていなかった事も知り、気がつくともう夏になろうとしています。

 東京の旅行はとても楽しかった。kathyさんと饗さんと我ら家族で食事をいただき、沢山笑い、お二人の友情と穏やかなお人柄をしっかり受け止め、とても幸せでした。二人にしたら、柄の悪い関西の親子が関西弁でべらべらと大声で話すので驚かれたでしょうし、また少し恥ずかしかったかも知れない。途中で眠り込んでしまうT子の無礼にもおおらかに受け止めてもらい、本当に心からありがとうでした。また、kathyさんの呼びかけでぶんさん、くろさん、ひなたさん、クロエさんからお手紙をいただき、ホテルで泣いてしまいました。
 見も知らぬ私にこんなに心を寄せて頂いている事を感謝せずにおれません。また、kathyさんの気配り、饗さんのあたたかさ。本当に感謝します。

 私の方は、病気は安定していて、がん細胞もおりこうさんにしてくれています。薬があったのかな?痛み止めも変わり、今回のは随分楽です。癌のサポートとして精神科の治療もう始めました。涙がもろくなって、なかなか止まらないのが診察を受ける原因だったのだけど、やはり、軽い鬱になっていたようです。ホスピス外来もいってますよ。すっかり病院と仲良しです。
 また、最近のテレビ、新聞を見ていて思う事は「私ってすごく恵まれている」と思う事。先生にも恵まれ、人間関係もしっかり作れているし、入院中もいやな思いはしたことがない。看護士さんたちも気持ちの良い方が多く、私の言う事に耳を傾けてもらえた。今の外来治療も気持ちの良い所だし、癌友も気持ちのいい人が多い。薬も新薬が認可され叩ける扉も多い。本当にありがたいと思っています。
 友人はいやな思いをしたようで、それが原因で違う病気も発病したようです。よう解らんけど、難しい。

 京大病院ではトータルケアーをしてもらっているし、各先生方も私のカルテを共有してられるようで、話が早い。また、無駄な事を言わなくてもいいのでまた楽。バプテストはそうはいかないけど、太いパイプがあるようでこれまた楽しい。

 犬のね子は少しおおきくなってきてかわいくって仕方がありません。彼女が来てから散歩に行く様になったし、宝ケ池に繋がる道を四季の恵みを体感しながら見知らぬ人と声を掛け合いね子と話をしながらつらつらあるく贅沢。ちなみにね子は何も話さず、地面に鼻を付けながらうろうろ、くんくんしてます。話してるのは私だけ。危ないかな・・・・。桜の頃は本当に綺麗でした。銀閣寺の哲学の道もうっとりしますが、またちがうね。皆さん、京都に来られる事があれば、是非、宝ケ池の散歩もお進めします。

 こんなそんなで少しずつ気持ちも晴れ、病気に見えず、引きこもり気味ではあるけど、散歩には出かけています。

 ここ訪ねて下さる方々、本当にありがとう。心から感謝とお礼をいいます。穏やかな皆さんと穏やかな時間を共有できるのは心が温まります。なかなかお返事出来ないですが、コメントを残して下さるととてもうれしいです。出会いがあるのはいい事ですよね。どこかで繋がっている事にわくわくします。
[PR]
by papillon-e | 2008-05-28 04:14

春が来た3

 春休みもあり、m郎も家に帰ってくることが多くなった。クラブの練習で彦根に買えることも多いけど、家に居てくれるとやっぱりうしい。
 一人だけ、私の苦しんでいる姿を見いていない負い目もあるのだろう。妹たちに色々いわれるのもつらくなるのだろう。背中が痛いっと気や首が痛い時はさすってくれる。うれしい。どの子も辛そうにしていると摩ってくれたり、もんでくれたりするけど、その手の大きさや、力強さに成長を感じる。

 犬のね子は元気だ。かわいくってしかたがない。「親馬鹿」「いKも~~」「おほちぁう」「赤ちゃん言葉やめて」なぞ、偉そうな事を抜かすが、君たちにもこうして育てたんだぞ。おこっちゃうよ、もん・・・・・・。

 住宅地なんで静かでのどかだ。家の前の畑にビニールハウスができた。なすびをつくるそうな。楽しみだ。

 ね子の顔見知りに健太郎君というおとこの子ができた。犬の種類を知らない私はとっさにその犬の種類が出てこないけど、ダックスフンドだったかな?」彼はシャイで、ね子のお行儀の悪わにお母さんの後ろに逃げてしまう。しつけって大変。

 ところで、m郎兄ちゃんはテレビゲームばかりしている。大学生、これでいいのか??滋賀県のお金で、税金でまなばしてもらっているだよ。しっかりしてほしい。自覚を持て。母さんは母さんは時々なさけなくなるよ。しっかりしろよ。そんなことでは可愛い彼女に振られるぞ。

 
[PR]
by papillon-e | 2008-03-21 14:31

春が来た2

 おっと、忘れていた。暴れん坊将軍のT子は大学生になることが出来ました。ずーっと思っていた学部はあきらめ、家からかよけえる学校にきまった。彼女の第一希望はあまりに難しかった。11月ごろには変更し、勉強も一生懸命することはなくなった。でも、本人は「ちゃんとしていた」と言っている。

 御心配かけました。松ヶ崎の工芸繊維大学に自転車で通うそうです。楽しい学生生活が出来れば幸せだと思います。友達も一緒みたいなので、喜んでます。

 気にしてくださった方々、ありがとうございました。
[PR]
by papillon-e | 2008-03-13 17:30

春が来た

 長い間おやすみしてました。それでも立ち寄ってくださった肩が居てくださる事に感謝で涙がでてきました。ありがとうございます。

 暫く、すねてました。まず、昨年、パピヨンを売りに出した所、早速買ってくださるところが見つかり、感情を整理するのに時間がかかりました。また、今年になってパピヨンは先方の使い勝手のために壊され、更地になりつつあります。その件でもいろんな思いがめぐり、感情が揺らいでました。母もおなじです。50年間の思いがあふれているようで、銀閣寺のほうにあまり足をむけません。私も、バスに乗っても西側に座る事はせず、東側に乗ることが多かった。
 誠に勝手なのは人の心。自分でも笑ってしまいます。

 節分にM郎の彼女と出会い、毛が3本ほど抜けているアホタレに付き合ってくれるのはありがたい。できれば、長くつきあってほしいけど、きっと振られるでしょう。
 で、その節分祭に知り合い(京都デザイン協会で理事のときに一緒だった)とであったのだけど、その肩も銀閣寺の吉田に引越しされて3年ほど。節分祭で進行役(鬼と一緒に紋付袴で歩く)をされていたので声をかけた。「お店どうしtの?」と聞かれ「ええ、まあ、、、」と言うと「売れたの?」「はい・・・・・・・・」と言うと。」おもむろに手を出して「金くれ」とのたまわれた。主人も居るし、子供も居たのだけど、思わず「もうすぐ死にますから、保険かけといてください」と返事した。また、銀閣寺の交差点で昔おうどん屋さんをしていいた叔父さんにあった。「聞いたよ、たいへんだったったね。」「ありがとうございます」「ところで、」自分の家が壊されている気持ちってどんなかんじ?」と聞いてきた。「つらいですよ」と答えたが、後から吐き気がしてきた。
 70歳も越えてられる方々だ。何でこんなに下品なのか?卑しいのか?何で私はこの期に及んで人のこんな面をみないといけないのか?とりあえず人に会いたくなく、家にこもっている事が多くなった。得に銀閣寺近辺と学校関係者にできるだけいきたくないし会いたくない。まあ、そうも言ってられないけど。

 人と接するのが辛くなる事がある。きっと相手も私と会うのが辛いのだろう。一番安心できる所は病院になってしまう。いろんなことで心休まる。

 昨年の今頃のブログを読み返していたのだけど、涙がでてくる。 時に抗癌剤はつらい。副作用はいろんなところに出てくる。鼻血と歯茎からの出血は毎日だし、しびれも日々強くなる。人工肛門と付き合うのも時に付き合うのはいやになる。
 抗癌剤を止めたいと少し思うようになっている。命をちじめてしまうけど、それもありなのではないか。昨日主人とその話を話し合った。最近、涙がすぐ出てきてしまう。

 楽しい話は、犬が来た。名前はね子。事前に見に行き、家族で見に行き決めたね子。可愛い4ヶ月犬で、日がな一日犬のね子と遊んでいる。でも、しつけもしないとね。

 昨年の病院の先生が言っていた二年のうち1年が過ぎた。残り、1年。人の命はどうなる事か分からないけど、取り敢えず1年、楽しく生きようと思う。ただ、生きることを全うしようと思う。

 カウントダウンを気にせず、おまけの命をどう使おうか?考えたいと思う。
 
[PR]
by papillon-e | 2008-03-13 17:16

自己顕示欲

 kathyさんがボールを投げ返してくださった。
>自己顕示欲は醜いこと???<
>これがなければ、何も始まらない<
嬉しいボールだ。

 今の私にこの自己顕示欲はなかなか厄介なモノだと思っている。
今の現実に「私は何処で何をしくじったのだろう」
「なんで、50歳からの予定がつけられないのだろう」
「なんで・・・・・・・・」と恨み言の1つも浮かび、悲劇のヒロインになって自分に酔ってしまいそう。

 今の状態は夏の頃よりずーっと人らしくなったし、目にも力が戻ってきたように思う。秋の抗癌剤より、1つ減ったほうが身体はずーっと楽だ。余力も出てきたのか、自分の容姿にかまう事も増えた。
 実は入院後から今年の正月まで、化粧なんてとんでもなく、髪の毛はぼさぼさ(髪質がかわってしまった)。顔を洗う事さえ億劫で、外にでるとき意外は歯も磨かない。実際、葉を磨くと出血して血だらけになって気持ちよくないのだけど、信じられないほどずぼらになっていた。年を空けて、楽になった自分の外観も気になる。

 引越し時に(最悪の体調だった)化粧品はほとんど処分してきた。もういらないと思ったし、見るのもいやだった。で、元気がもどってくると、少しでもマシに見せたい自分ももどってきた。毎日化粧して、着る服も毎日かえ(一応)、多少はマシに見えるように努力していた私だったので、当たり前といえば当たり前で、すごく健康的な感情だ。化粧品も心機一転で、新しくそろえた。抗癌剤投入後の後半の週に外出するっことがあるときに楽しみながら自分を装う。
 「マシに見せたい」と思うエネルギーは生きるエネルギーに繋がる。

 それだけならいいけど、「誰が病気なの?」「えっ???癌患者って誰のこと」って時に思うほどエネルギーが満ち、元気になると考え方も自己に酔うことがあり、悲劇のヒロインにもなりやすくなる。で、わたしな悲劇のヒロインが好きでない。自分に酔ってしまうと「何で?何で?」「私が、私が」と自己中心的な感情が出てくることが多い。(私威の場合で、人による)こうなると、自己顕示欲がいいほうに向かない。

 自己顕示欲は健康な時には当たり前のようにコントロールできる。(時に出来ない事もある)自然にある感情であるとも思う。上手に表現している人もいて、その手法に美しささえ感じる事もあるだろう。でも、今の私には厄介で、時に醜くうつる。

 只単に、今は自己顕示欲を持つエネルギーがないのですねているのかもしれない。「ただ生きる」って事に自己顕示欲は必要ないようにも思う。私は「ただ、生きる」を選びたいから、何かをする欲を羨ましく思い、遠くにおいておきたいのかもしれない。

 人って自己顕示欲の力を持って成長したり、悩んだりして、挑戦したりと自分の可能性を信じて生きているのだろう。健康であっても、病気であっても悪いことでない。
 今の私には重く、醜い。この時期に一度全ての欲を手放そうと思っているのかも知れない私がいる。だから、人の自己顕示欲が醜く見えたり、わずらわしく感じる。特に、同じ病気の人の自己顕示欲に時に吐き気を覚える事があるからかな???

 「ただ、生きる」ことの難しさ。私自身が自己顕示欲の強いところがあるから余計に気がつくのだろう。少し、ましな人になって、あの世に行きたいと思ってる。その時に、自己顕示欲は邪魔だとおもってるのかな?でも、「マシな人になりたい」と思う私のエネルギーはヤッパリ、自己顕示欲だろう。

 何かを残す必要もなく、また、残すでもなくただ生きる。自分の存在を誇示するわけでもなく、雑草のようにひそやかに生きる。
 でも、私威の存在を忘れられたくない。忘れられるのを怖いと思っている。この矛盾に己の欲深さを見る気がする。

 難しいな~~~。生きているって、感情があるって難しい。でも、生きる原動力になっているのは確か。自己顕示欲。この厄介なとぐろを巻いているような感情に今は美しさを見つけれない。それは確かだ。来年の今頃には「自己顕示欲ばんざい」と言ってるかもしれない。

 そう、来年の4月で病院の先生が言ってた私の寿命がくるのだけど、それよりは絶対長生きするからね。生きるエネルギーに満ち満ちているかもよ。(あ~~~これも自己顕示欲か??)
[PR]
by papillon-e | 2008-02-01 10:36

おススメ本

 昨日書いた大津先生の本です。私にはとても影響があったし、現実をみようとする勇気本でもあるかもしれない。保育園の時に一緒だった友人からもらったありがたい本。彼女夫婦も医療関係の仕事をしていて、だからこそ勧めてくれた本。私の病気を知っていたからこそ、贈ってくれた本です。

 大津秀一・・・・・・死学
           瀕死の医療

 小林信彦・・・・・・僕たちの好きな戦争(昔読んだのですか、今一度読み直してます。この方の           オヨヨ大統領シリーズが大好きだったな。

後、漫画を必死になって読んでます。これは止められないな。
[PR]
by papillon-e | 2008-01-31 15:23