日々の中での出来事・思いを重ねていきたいなぁ。仕事のことも生活環境の事も友人のことも仲間のことも連ねていきたいなぁ。


by papillon-e
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2006年 01月 19日 ( 2 )

お知らせ

以前にも書いた事があるのですが、京都デザイン優品の応募要項が出来ましたのでお知らせいたします。興味を持っていただければ幸いです。また、今までの選定商品もこちらに発表されています。ご覧下さい。
http://kyo-brand.net/

http://www.kyo-brand.net/2006-info/

 ─────────────────────────
  京都デザイン優品2006 公募 応募要項
 ─────────────────────────

◆開催趣旨
京都には世界に誇る「ものづくり」の伝統と文化が脈々と息づいています。私たちの足下に埋もれている商品、これこそはと胸を張っていい商品が数多くあります。そうした京都に根ざした優れたデザイン商品の発掘を狙いとした認定事業です。広く世界にアピールできる優れたデザイン商品を発掘・発信することを通じて、京都の産業デザインの発展を図ることを目的とします。
認定された商品には「京都デザイン優品2006」認定証を発行するとともに、インターネットのホームページ、他メディアで紹介・発信します。
又、「京都デザイン優品」の名称やシンボルマークを使用することができます。

◆応募対象商品
商品の企画・デザイン・製造のいずれかが京都府内でおこなわれているもので、反復生産が可能な商品であることとします。
*類似したデザインが他から既に製品のデザインがGマーク等、公的に認定されている商品および芸術作品は
 応募出来ません。
*2006年度に新製品として製造・販売予定の商品も可能です。
*和服、着物の商品(ファッション分野)は対象外です。

◆応募資格
京都府内に本拠を置く製造業者・デザイナー・販売業者。
*応募にあたっては、応募商品の開発に関わった関係者(製造業者・デザイナー・販売業者など)の事前承認を得ておいて下さい。

◆出品登録期日2006年2月10日(金)締切り

◆出品料
一点につき3000円
  (組み及びシリーズは3点以内で出品料は5,000円・3点を超える場合は、1点につき1,000円の追加)
*出品料は搬入の際ご用意下さい
*搬入当日の単品からシリーズへの変更はご容赦下さい。

◆出品登録
 出品登録書に必要事項を記入の上、開催事務局ー(社)京都デザイン協会ーへ郵送またはファックスで送信してください。
 折り返し事務局から受け付け完了の通知をさせていただくと共に、後日、商品搬入に必要な書類をお送りします。
 「京都デザイン優品」のホームページhttp://www.kyo-brand.net/からダウンロード・申し込みできます。

◆応募の流れ
●出品登録(2月10日締め切り) →●応募商品の搬入(3月24日)
●審査 →●応募商品の搬出(3月27日) →●意匠権の調査(2006年4月) 
●審査結果の通知(2006年4月下旬) →●認定証の授与・交流会(2006年5月下旬予定)
●ホームページで紹介(2006年6月)

◆出品登録書の送付先
 (社)京都デザイン協会 
 京都市上京区葭屋町通中立売上る福大明神町128 
 京都西陣町家スタジオ1階 
 TEL(075)415-8008 FAX(075)415-8028

◆応募商品の搬入・搬出
応募のあった全ての商品は現品で審査をおこないますので、下記により商品を搬入・搬出してください。
搬入:平成18年3月24日(金)午前11:00〜午後3:00
搬出:平成18年3月27日(月)午前10:00〜午後2:00
会場:京都市立芸術大学
   〒610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6

◆審査結果の通知
審査会の決定に基づき、意匠権調査を経て、認定商品を決定します。
当否にかかわらず審査の結果は2006年4月下旬に文書で通知します。

◆交流会と認定証授与式
2006年5月下旬(予定)に、京都市内で交流会を開き、「京都デザイン優品2006」の
認定証授与式をおこないます。

◆認定商品の展示
認定された商品は、展示を行う予定です。

◆審査委員
久谷政樹(社団法人京都デザイン協会理事長)
向井吾一(京都意匠文化研究機構代表)
山内陸平(京都工芸繊維大学名誉教授)
河崎隆雄(インテリアコーディネーター)
石橋勝利(株式会社アクシス 情報企画グループ編集長)
竹林善孝(京都デザイン優品実行委員長)  

◆審査基準
「京都デザイン優品」を認定する審査の基本的要素
●美的かつ独創性がある
●斬新な京都イメージを創造している
●使いやすい配慮がなされている
●新しい素材・技術に挑戦している
●価格が購入価値に見合っている
●ライフスタイルや環境への新しい価値と方向性を提案している

◆お問い合わせ  
社団法人京都デザイン協会(開催事務局:出品登録書提出先) 
〒602-8233 京都市上京区葭屋町通中立売上る福大明神町128 
京都西陣町家スタジオ1階 
TEL(075)415-8008 FAX(075)415-8028
e-mail:info@kyoto-design.net
◎優品事業に関する詳しいお問い合わせは http://www.kyo-brand.net/

◆主催 (社)京都デザイン協会
◆後援 京都府・京都市・京都商工会議所・(財)京都産業21・京都府中小企業団体中央会・京都意匠文化研究機構・京都新聞社・KBS京都
[PR]
by papillon-e | 2006-01-19 14:50

チョー簡単。

e0006429_124273.jpg

昨日のメインの夕食です。
仕事から帰り、30分以内で夕食の用意をするのを信念としている私なのでいろんな手抜きをしています。今回は本当に簡単なので、忙しかったとき、時間のない時に是非お進めいたします。

 豚とキャベツのポン酢炒め。
・ニンニク 一掛け 適当に切る。
・豚(バラ肉)  人数分に合わせ適量。 適当にざくざく(少し大きめ)にきる。
・キャベツ 3人分で半分ぐらい使ったかな? 適当に食べやすい大きさに切る。
・水菜 (これはお好みでネギでも,ニラでも良いのかも知れません。彩りに使いました)  適当分を少し細かく切る。
・塩 コショウ少々
・ポン酢

この材料を炒めるだけです。フライパンに適量のサラダオイルをいれ、熱した所にニンンクをいれ軽く炒めます。その上に豚肉をいれ、塩コショウをします。適当に色がついたらキャベツをしんなりするまで炒め、彩りの水菜をいれ、ポン酢を入れてかる〜く混ざるように炒めればおしまい。ご飯が進みます。
 私は飯尾醸造のポン酢を使っていますが、どこのメーカーでも美味しいと思います。
飯尾のは香りが良いのと、あまり「つーん」と来ないのが気に入ってます。興味ある方はこちらですのでどうぞご覧下さい。
http://www.iio-jozo.co.jp/

このメニューは何を入れてもさまになるので,冷蔵庫をすっきりしたい時に特にお進めします。昨日はこれにカレースープ.黒豆.鯛の子.らっきょでした。

実は風邪がぶり返したようで、熱が出てきました。少しでも外に出ないで家にあるものを使いたい時には便利ですね。野菜だけでもけっこう行けるかも知れませんが、豚肉があってよかった。(携帯からの写真なのでみにくいです。)
[PR]
by papillon-e | 2006-01-19 12:26